思いの外、恋愛に長けた社会人は恋愛関係で苦しんだりしない。いや、逆に立ち止まらないから恋愛を堪能しているって言う方が言い得て妙かな。
小さい現象はまた別の話で、大方、恋愛という種類においてくよくよしている人が数えきれないくらいいるに違いありません。とはいえ、それってほとんど、大げさに悩みすぎなので改善すべきです。
進化心理学によれば、みんなの心的な活動は、その生物学的な展開の経緯で作られてきたと説明されています。私たちが恋愛にハマるのは進化心理学の研究では、児孫を残すためと言われています。
恋愛に関しての悩みは多種多様だが、分類すると異性への根源的な拒否反応、畏怖、異性の心理が見えない悩み、体の関係についての悩みなんだろうと推察しています。
恋愛相談を契機に良い感情を持ってもらえて、女の同僚とのコンパに声をかけてもらえる状況が増えたり、恋愛相談が理由で対象人物を恋人にしたりする場面も想像に難くありません。
「良い人が見つからないのは、どこかにまだ課題があるってこと?」。そんな大層なことではありません。ただ単に、出会いがない毎日を反復している人や、出会いの場所をし損なっている人が大勢いるということです。
○○ちゃんに会えると幸せだな、安らぐな、とか、ある程度時間をかけて「彼女と付き合いたい」という心の声があらわになるのです。恋愛という色恋にはまさにその手数が欠かせないのです。
真剣な出会い、家族になれるような人とふれあいを期待している30代の人には、結婚を見据えている未婚男性たちで賑わっている健全なコミュニティを用いるのが確実だという意識が浸透しつつあります。